FC2ブログ

鶴岡八幡宮へ続く参道。まだ蕾も多いかな。
スポンサーサイト
2012.04.08 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

鎌倉なう。すごい人出!
2012.04.08 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
明けましておめでとうございます。

気になりつつもすっかり放置してしまっているこのblog。
最初は独り言のつもりでblogのつなぎにとこっそりTwitterでつぶやいていたのですが、だんだん長文を書くのが億劫になってしまい(^^;)サイドバーにその独り言を表示させて「とりあえず、とりあえず、、、」とお茶を濁していましたが、毎年恒例の福袋の季節になりましたのでいきなり復活してみました(笑)

昨年と同じく、箱根駅伝の交通規制にかからないようにと8:20に家を出たところ、道路が思いのほかすいていて8:40には横浜そごう駐車場に到着。開店予定時刻は9:30でしたが地下2階の正面入り口に着くと当然のごとくすでに長蛇の列。

ここで並ぶことは予想していたので今回はiPod持参で退屈をしのぎつつ、待つこと10分くらいで入口の外から建物内部に入ることができ、そこから各自お目当ての列に並びました。

ここで夫と別れ、私は今年もえびせんの坂角総本舗の列にまっしぐら。今年はひとり2個までの個数制限があったのでそれほど早く並ばなくても大丈夫だったかもしれませんが、開店後に入ったのではダメだったかもしれません。昨年は120個限定だったようですが今年は何個だったのでしょう?(同じかな?)
とりあえず私は35個目のカードを貰い、無事にGET出来ました(^^)

その間に甘いもの好きの夫は鶴屋八幡と源吉兆庵で和菓子を購入。えびせんGETの私と合流した後で更に銀座鈴屋で甘納豆も買いました(笑)

と、ここまではだいたい毎年同じものを買っているのですが、今年はえびせんは実家お年賀用のみにして自宅用には買わなかったのでこのままでは私の楽しみが無い!
「ちょっと目先の変わったものを買いたいねぇ」と向かった先はゴディバ。
熊のぬいぐるみ付きで5000円は高いか安いか…「やっぱり高いな(^^;」と一旦はやめたものの、他にこれと言って目玉になるようなものが見当たらなかったので、再度戻ってお買い上げ!
一応自分で買うつもりでしたが、カードのポイントが貯まっていた夫がそのポイントで買ってくれたのでラッキーでした(笑)

でもせっかく朝早く来たのにこれだけでは…と更に売り場をウロウロしてみつけたのがFACTORY Shinのマドレーヌ詰合せ1050円也。これなら和菓子NGの私でも食べられるし夫ももちろんOKということでお買い上げ!

そろそろお菓子はもういいか~ということで、ここでまた夫とは別れ、これも毎年恒例、Dr.シーラボとファンケルの福袋を買いに行きました。
今年のシーラボの10000円の福袋はエンリッチリフトと美白があったのですが、エンリッチの方は今ひとつ内容がピンとこなかったので美白にしてみました。こちらは使えるものが入っていて良かったには良かったのですが、BBクリームや日焼け止めクリームが入っていた昨年の方が私としては嬉しかったなぁ…
ファンケルはもう本当に使っているものばかりの嬉しいセットで、昨年の8000円のセットより2000円値段は上がったけれど内容はそれ以上な感じでGOOD!でした(^^)

鶴屋八幡(2000円) 源吉兆庵(1000円)
鶴屋八幡(2000円)        源吉兆庵(1000円)

銀座鈴屋(1000円) FACTORY Shin(1000円)
銀座鈴屋(1000円)        FACTORY Shin(1000円)

ゴディバ(5000円)
ゴディバ(5000円)

Dr.シーラボ(10000円) ファンケル(10000円)
Dr.シーラボ(10000円)      ファンケル(10000円) 

※価格について、消費税分は記憶が曖昧なのですべてカットして記載しています。

*****************

タイトル通り"風の吹くまま気の向くまま"のblogですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2012.01.02 Mon l 徒然なるままに・・・ l COM(2) TB(0) l top ▲
2011-02-14
とんぼ玉作りは6か月以上ぶり。そしてblogの更新も1か月ぶり(^^;
何もかもが停滞していましたが、母の手術も無事に終わり、帰宅して体調も少しずつ上向きになりつつあるということでまずは一安心。私の日常もようやくお気楽能天気に戻りつつあります(笑)

ということで、心機一転とんぼ玉。
まずは蕊のパーツ作り、花弁作り、組み立ててミルフィオリにと仕上げたのが先々週のこと。(そしてまた寒い~とか、図書館で借りた本が読み終わらない~とかという理由で1週間中断(^^;))

すべての作業をいちから丁寧に行ったつもりなのですが、3本完成したミルフィオリ棒のうち1本は出来上がったそばからヒビが入って使い物にならず、もう1本もキスチョコに仕上げようと炎に近づけるそばから半分くらい飛び散って割れてしまい、使えそうなのは1本+残りの半分という悲しい状況に。
空気を閉じ込めないように注意したつもりだったのですが、入っていたんですねぇ、やっぱり。

でも、残ったコたちはなかなか綺麗に咲かせることが出来たのでは?と今回は大甘自己満足です(笑)
2011.02.14 Mon l 自宅でトンボ玉の話 l COM(4) TB(0) l top ▲
すっかり遅くなってしまいましたが、昨年のまとめを何も書いていないのでまずは観劇記録から。

 2010.01.14 ファニー・ガール
 2010.01.28 宝塚宙組『カサブランカ』
 2010.04.15 劇団☆新感線『薔薇とサムライ』
 2010.04.16 安寿ミラ ダンスコンサート FEMALE vol.10
 2010.05.25 宝塚花組『虞美人』
 2010.06.24 アイーダ
 2010.07.30 小公女セーラ
 2010.10.26 RENT
 2010.11.16 RENT

「ファニー・ガール」は春野寿美礼さん主演、橋本じゅんさん、剣幸さんが共演という私にとって気になる役者さんが揃った舞台。
感情のままに動くファニーにはあまり共感できなかったものの、ファニーを思う演出家のエディ(橋本さん)とファニーが惹かれるエレガントなニック(綱島郷太郎さん)はどちらも魅力的で、お互いが認め合う場面はとても印象に残っていますし、じゅんさんが演じているということでエディ贔屓な私でも、ニックに心惹かれるファニーの気持ちはよく理解できました(笑)

「安寿ミラ ダンスコンサート FEMALE vol.10」は安寿ミラさん、大貫勇輔さん、天勢いづるさん、宮内良さんの4人によるダンスと歌で紡がれる舞台。
サロメを描いた第一部の「幻想」ではサロメに扮した安寿さん、ヨカナーンの大貫さんの妖艶なダンスに目が釘づけ。 でもその横ではヘロデ王の宮内さんがいつもと変わらぬ美声で朗々と歌う姿に目が離せるはずもなく、あっちもこっちも見ていたくて本当に困りました(笑)
更に第三部の「回想」ではいきなりの不意打ちに思わずお祈りポーズで喜んだことが!
ミュージカル「ロミオとジュリエット」から「Aimer」を宮内さんと天勢さんのデュエットで聴くことが出来たのです。この曲はロミジュリが宝塚の星組で上演されると聞いてYouTubeでオリジナル版を見てはまってしまい、速攻CDを購入してしまったという曲。初めて聴いた時から「宮内さんで聴きたいなぁ」と思っていたのですが、まさかこんなかたちで聴くことが出来るとは望外の喜びでした。

「アイーダ」は劇団四季。やっと東京で上演と決まった時から見たいと思いつつ時を逸してしまい、とうとう千秋楽が決まってからの観劇となってしまったのですが、これは観て良かった!
久しぶりに観た四季は独特の発声法による台詞がかなり気になる役者さんもいたものの、楽曲が良く、歌唱力もさすが。舞台装置もシンプルなのにゴージャス感がありとても洗練された雰囲気があって「すごく良いものを観たなー」という感があり大満足でした。もう1回観ることが出来なかったのが残念です。

「RENT」はキャスト違いで2回観たのですが、10/26の公演が観られたのはとてもラッキーでした。
何故ならばロジャー役のanisさんが体調不良で休演し、急遽約1週間の稽古期間で代役に立ったのが藤岡正明さん。その藤岡さんの初日が私が偶然持っていた10/26の昼公演だったのです。
客席もいつにない緊張と期待で幕を開けたその日。藤岡ロジャーは「よくぞ1週間でここまで!」と誰もが思うようなロジャーを見せてくれました。何よりもその歌唱力に説得力があって見事で、私が今までに聞いた最高のロジャーでした。
藤岡ロジャーの印象は明るくて生命力に溢れるロジャー。今までのロジャーとは全く違う印象で本来だったらキャラ違い。生きることに鬱屈していてそれがミミとの擦れ違いを生むロジャーという人物像とは一見相容れない雰囲気なのですが、歌になると凄い説得力があって一気に惹き込まれました。
ルームメイトであるマークを演じた福士誠治さんとの相性もとても良い感じ。今まで見たRENTで私はロジャーには一度も共感を覚えたことがなく、どちらかというと「ウジウジと鬱陶しい!」くらいな気持ちすら抱いていたのですが、藤岡ロジャーには初めて共感でき、また、誠実でまじめそうな福士マークが親友として一緒に暮らしているのがとても納得できたのでした。
突発的な事情だったとはいえ、藤岡さんのロジャーを観ることが出来たことは本当にラッキーで、もう1回藤岡ロジャーを観たかった!!

2010年、印象に残った舞台はこの4本ですが、その中でマイ・フェイバリットは「安寿ミラ ダンスコンサート FEMALE vol.10」。
宮内さんファンとして心から堪能できた舞台ですから!
2011.01.06 Thu l 舞台の話 l COM(2) TB(0) l top ▲